コンセプト

創建1190年。鎌倉の世から今に残る「鶴羽根神社」。

大切な結婚式は、日本人にとって関わりの深い神社で。

「安産祈願」、「お宮参り」、「七五三」や「厄祓い」。
そして毎年の「初詣」に始まり、「家内安全」「商売繁盛」「合格祈願」など。
日本人の人生の節目や日々の暮らしにとって、
神社とのご縁はとても深いものです。

これから迎えようとする、一生に一度の大切な結婚式。
どうぞ、これまでを見守ってくださった神様に、
新しい人生の門出のご報告や感謝とともに永遠の愛をお誓いください。

数千年も受け継がれる日本の美しい伝統文化に則った厳かな儀式は、
きっとお二人の誓いをより深く長く、心に刻みつけることでしょう。

神々の御加護と、一生涯を同じパートナーで連れ添うという良縁の象徴、
」の名にあやかりますよう。

半世紀以上、多くの方々に愛されてきた料亭ならではのおもてなし。

ご披露宴は、鶴羽根神社に隣接する「二葉」で
美意識高いゲストの皆さまにご満足いただけるおもてなしを。

鶴羽根神社の神々に見守られるように建つ「二葉」。
もとは昭和初期頃、政財界など日本を代表する名士の方々を
お迎えするための宿泊施設であったものを、
昭和二十二年に料亭として創業したのが始まりです。

創業から半世紀以上、おかげさまで、
結婚式やご結納のほか、重要なご会談やご接待などでも
「大切なお客さまのおもてなしは二葉で」
とのご指名をいただいております。

厳かな結婚式の後、お二人にとっての最高の幸せのとき、
そして大切なご家族やお世話になったゲストの皆さまとの
愉しい時間を「二葉」でお過ごしください。