挙式 鶴羽根神社

鶴羽根神社の創建は鎌倉時代初期の1190年。

もとは「椎木八幡宮」と呼ばれており、
鎌倉から、室町、戦国、江戸時代と、長い長い時を経て、
江戸時代後期からは広島城以東の総氏神、
鬼門鎮守のお社とされていたと記されています。

鳥居

明治のはじめには、神社裏の山形が
鶴の羽根を広げた姿に似ていることから、
社名を「鶴羽根神社」と改められました。

参進の儀

鎮座されているのは、日本神話の中で
最初に結婚をされた神々である
伊佐奈伎乃命(イザナギノミコト)、
伊佐奈美乃命(イザナミノミコト)や
八幡三柱の神々。

神前式

広島でも屈指の由緒ある神社といわれています。

神前式関連イメージ

そんな神々に見守られる歴史ある場所で、お二人の永遠の愛をお誓いください。